うちの実家は無駄に物持ちがよくて(捨てられない)、いろいろ古いものが取ってあるのでご紹介。今回はカメラ。次回があるかは未定。

では古い順に。

Asahiflex IIA(1955年)

いきなり珍品ですね。旭光学(現ペンタックス)のAsahiflex。調べたところIIA型の模様。レンズをちゃんと撮ってくるの忘れたなぁ。日本初の35mm一眼レフカメラらしいです。

ファインダーはこんな風に開いて

上から覗き込む。
残念ながらシャッターが動かなくなってます。前に某店に問い合わせたらもう古くて直せないって言われた。どこか直してくれるところあるかなぁ。


キヤノン 7(1961年)

これは一番記憶に残ってるカメラ。物心ついた頃うちで使ってたカメラはこれだった。久しぶりに見ると変な形。


アサヒ ペンタックス SP(1964年)

このカメラは記憶にない。
スポット測光ができる!ということでSPOTMATICという名前になったらしいのだけど、製品化の時にはスポット測光機能が削られたという名前が残念な機体。

レンズはSMC TAKUMAR 50mm f1.4が付いていた。これは良さそう!


SMC TAKUMAR 135mm f3.5(1973年?)

これは謎のレンズで、自分が以前住んでいた部屋に引っ越してきたとき、押入れの奥から発見したもの。当時はマイクロフォーサーズ規格もなかったので、とりあえずとっといただけなんだけど、逆に今なら使えそう。レンズに少しカビが入ってたけど、磨いたらなんとか綺麗になった。


ニコン FM(1977年)

これも自分は覚えてない。親父はこれを一番よく使ったと言っていたんだけど。付いてるのはズームレンズで、リングを回してピント、前後に動かしてズーム。


キヤノン AE-1 プログラム(1981年)

これは兄貴が欲しがって買ったんだけど当の兄貴はほとんど使わなかったというありがちな展開のやつ。当時自分も触らせてもらったけど使い方よくわからんかったな。ケースのヒビ割れっぷりが半端ない。


ペンタックス MZ-5(1995年)

これは自分で買ったカメラ。使わなくなったので実家に置いてたのをすっかり忘れてた。今触るとボディのプラッチック感がすごい。


コンタックス T3(2001年)

そいで今回の掘り出し物。買ったとたんにデジタル化の波が押し寄せてもう使ってないということだったんでもらってきた。そういえば自分がカメラに興味を持ったのはコンタックスG1を見てカッコイイ!と思ったからでした。結局買えなかったけど。コンタックス復活しないかなぁ。


というわけで、今回はペンタックスSP+50mm/1.4、135/3.5とT3をもらってきました。 レンズ2つはM42マウントなのでマイクロフォーサーズとのアダプタ買って楽しもうと思います。ほどほどに。

腕に不釣り合いなカメラを買ってしまいました。



Amazonで予約→Sony α7発表→一旦キャンセル→実機を確認→やっぱりE-M1予約しなおし→なかなか来ない→価格コムで見つけたお店で購入→再びAmazonキャンセル。

迷いに迷った結果。
まあ結果5年保証も付けられたし良かったかなと。

この値段の買い物するの超久しぶりだ...
ものとしては大変良いものと思います。
これがいい買い物となるかどうかはこれからの活用しだい。

今度はカメラバッグとストラップに悩んでおります。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.